2013年10月3日木曜日

首を痛めた素材づくり2 =KIRIEペーパークラフト=

前のブログにペーパークラフト切り絵で首を痛めた事を描きましたが、
今回はその、ペーパークラフト制作の事を書きます。

KIRIE系イラストペーパークラフトを制作する動機は・・・
マーメイド紙のペーパークラフトは沢山でてはいますが、ワンポイントで使える
イラストが少なく、また制作サイズが大きい為か、小さいサイズで使うと
せっかくの紙質テクスチャーが見えず、マーメイド紙を使った意味がない・・

※ペーパークラフトは小さいサイズでの制作はパーツが小さくなるので
カットが難しい点があります。
だから皆さん大きいサイズで制作してるのでしょう。

という事で、じゃぁ~「自分で作ろう!」になりました。
♪♪♪
制作するのに、まずは制作サイズを決めなくてはなりません。
そこでマーメイド紙のマチェール再現を第一に、なるべく使用するサイズ(原寸)でのサイズで制作しようと考え、
多少の拡大縮小にも対応出来るサイズして2〜6センチぐらいの制作サイズに決めました。
4、5センチ原寸はイメージイラストとして使えるし、
縮小してワンポイントのカットとしても紙質を生かして使えます。
※サイズ比較として10円玉(直径24mm)を置いています。
♪♪♪
手順としては・・・
・下絵を描きます。▶コピー数枚
・下絵コピーに色鉛筆で彩色
・コピーした下絵をマーメイド紙に重ねて一緒に切る手法で各パーツを切ります。
(数、パーツの数程下絵のコピーが必要)
・小さい数ミリ程度の円形はデザインナイフでは、きれいに切れないので穴開けポンチ
を数種類自作しました。一番小さいので直径1mmです。※2枚目中段photo右上
・パーツを手の腹、又は自作パッドにのせて(丸めるのに都合の良い道具を何種類か揃えて)
マチェールがつぶれない様に押さえて立体感を出します。
・一つが切り終えたら小さいビニール袋に収めます
・100点ぐらい切り終えたら貼ってゆきます。
このくり返しで1000点ぐらい制作しました。



















で・・首を痛めて、整形外科通いとなりました。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
DIGIGRA PICTURE KIRIE系ペーパークラフトページ
http://e-digigra.com/title_page/KIRIE_index.html
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
にほんブログ村▲ポッチして!
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪