2013年4月10日水曜日

スウォッチパターンをJpegに変換++たいへんの其の2

JPG変換のつづきなのですが、結論から言ってしまうと
とても無駄な時間をかけてしまった のと
少しガッカリ いう結論!

変換作業が終わり、全ファイルチェックも行い、プリントテストも完了
サンプルCDを作成してユーザーさんの元へ宅配で発送したのですが
1週間近くなるのだが、購入の申し込みの連絡無し・・・
ん~ン

★JPG変換のつづきの・・・お話し
変換作業ではいくつかの問題が出て来ました。

◯ ほぼ終わりになるぐらいまでPhotoShopのバッチ処理でしたのだが異常に時間がかる。
バックグラウンド変換で朝から夕方近くまでかかった
ただ、全容量が予想に反して3ギガぐらいなので、DVD1枚で済みそう

◯ 少しでも画質の良いもので変換したい・・・そこで画質を一つ上げて再度試してみる
データ容量が1点で140%ぐらいアップになる・・1DVD 1枚におさめたい 一考・・・

そこで、
◯ 試しにIllustratorのJPEG書き出しにしてみた
かなり早く変換できるのと、画質もIllustrator書き出しの方が若干滲みが少ないので
Illustratorでのバッチ処理でJPEG変換をする事に決めた。

!!!ここで問題が
Illustratorのバッチ処理はEPSファイルでは出来ないのだ!

・・この対処・・
IllustratorEPSファイルをAiファイルに変換が必要になる、2056ファイルを再保存する作業はとても手間がかかるので
AppleScriptかIllustratorのJavaScriptで変換出来るのではと・・・
Webで捜して見ると、アッッタ~!

・・これで変換は楽々・・
2056ファイルを50枚づつスクリプトで変換して完了
よしバッチ変換だ ととと・・

!!!次の問題発生
IllustratorcCS5での書き出しバッチ処理では.jpgの拡張子がつかない!
それと開いたファイルが全て複製保存されていく それも2枚・・バグか~
いろいろ手順を試してみるが変わらない・・

IllustratorCS3で行ってみると 開いたファイルの複製再保存は起きるが、
1枚きり、そして.jpg拡張子も付いたので
まずは1フォルダ200枚をバッチ書き出しを実行~

完了後、違うフォルダのバッチ書き出しをしようとすると、 
今度は出来ない・・どうして???・・・なんでなん!!!

つぎつぎ問題が出てくる変換作業なのです。

しかし・・・
4月になってもこの業界の景気は どうにかなりませんか・・

DIGIGRA PICTURE25 デザイン系パワー地紋
http://e-digigra.com/DG25Web/DG25IND_IN.html
買って!使って!自慢のジモン!

























にほんブログ村 デザインブログ グラフィックデザインへ
にほんブログ村▲ポッチして!