2012年6月27日水曜日

Webページの制作はコツコツ、テキストエディタで!

ブログのトップイメージを久しぶりに切り替えました。
でもこの画像はデジグラ工房のindexページの使い回しで昔に撮影したものです。
苔の緑が好きで、苔を育てていますが、胞子が出来た時にマクロレンズでの接写ものです。
小鉢の苔が育って緑を見せてくれると、ほっとします。
・・・毎日の水やりは面倒ですが・・・

いまオープンソースのEC-CUBEで本格的?販売サイトを制作しています。
ホームページを始めて作った時はMacromedia Dreamweaverを使っていましたが、
本格的にCSS等の勉強のため、テキストエディタで全て、手入力でコーディングする様にしました。

其の動機はと言うと、Dreamweaverで制作したHTMLのソースを見た時に其のコードの内容があまりにも修正部分のタグ重複で驚いたからです。
Dreamweaverで制作した2カラムの「ワンダフルカットシリーズ」ページです。
この素材集はワンポイント用のシンボリックなイラストです。
http://e-digigra.com/DIGIG_IN.html
http://e-digigra.com/DG27_28_IN.html

一念発起、本を数冊買い込みチャレンジしました。
始めて全てCSSとHTMLをテキストエディタで制作したページタイプ。
KIRIE系シリーズ
http://e-digigra.com/title_page/NEOKIRIE_index.html

これ以降は少しづつですが拡張しています。
ポータルのつぎのページ「総合案内ページ」です。
http://e-digigra.com/index2.html

ホームページをテキストエディタでコーデングするのはとても面倒ですが、テキストエディタで制作していった事で、CSSやHTMLのコードが理解出来る様になってEC-CUBEWebサイトのデザイン変更に大変役立ちました。ただPHPなどはまだ分からないのでこれから勉強です。

教訓:何でも自動化、アプリケーションの頼り過ぎはいけません・・です。